海外での働き方の差

日本を出発して海外に旅に出て


実体験した働き方の違い


1、LCC の機内では女性のCAさんがお客さんの前で堂々と大あくびを何度もしていた

2、泊まったヒルトン系のホテルはルームメイキングが終わってなくてチェックインが1時間遅れた(その代わりにサービスが後で付いた)

3、2日目に借りたレンタカー会社のフロントの白人系の若い男性が 隣に女性上司と見られる会社の人の前や私達客がいるのも気にせず自分の接客の間にネットゲームを堂々としていた

4、モアナサーフライダーのビーチバーの私達のテーブル担当の白人系のウェイター男性が私達がまだビーチバーでくつろいでオーダーもまだまだしていたのに長時間いた間に自分の勤務時間ぎ終わるから一旦会計して欲しいと丁寧に詫びに来た
そして次の代わりの担当者と2人で挨拶に来た
(海外のチップ制の為こうなったのだと思う)

5、CBDオイルを買いに行ったヘンプオイルの専門店の白人系男性が
私は英語を話しているのに(下手くそながら)
買ったばかりのpoke talk と言う翻訳機を使いたいから日本語で話してと逆オーダーされた


以上、海外の働き方はみんなめちゃくちゃ自分軸で気負わずに働いていて
日本で働いていたら海外の気楽な働き方にびっくりするような事ばかりで
日本人のきちんとした文化も私は大好きだけども
海外の働き方のような気楽さもめちゃくちゃ大事だと思わされた今回の旅行でした。

Source: New feed